DHAサプリ(オメガ3サプリ)私のおすすめランキングBEST5

失敗しないためのDHAサプリメントの選び方

DHAサプリ選びのポイント

Point1. DHA+EPA含有量で300mg前後あれば十分

Point2. 吸収率を高める工夫がされていると尚良い

Point3. 酸化を防止するための対策がされているか

DHAサプリ選び【ここが大事】

DHAをはじめとしたオメガ3脂肪酸の最大の問題点は「酸化しやすい」ということ。

お魚も時間が経過すると非常に臭いますよね。この臭いは魚油の酸化によるものです。 酸化した油は害になるため、吸収されず排泄されてしまい、下痢を引き起こしたりします。

したがいまして、DHAサプリはオメガ3脂肪酸の酸化を防止するために抗酸化力のある成分を適量配合していることがまずは大事です。

また、「容器」も非常に重要です。ビタミンや色素は光で分解しやすいため、プラスチック瓶のような紫外線のカット率が悪い容器に入ってますと品質劣化を早める原因になります。

黒い遮光瓶に入っているものや、アルミパウチ容器に入ったものを選んだ方が紫外線による劣化を防げてよいでしょう。

DHAサプリメント 当サイトのおすすめランキング2016年最新版

商品・サービス サービス内容/特徴
DHAサプリ「きなり」
DHA含有量452mgは最多クラス!価格もサントリーよりも安い!

●DHA 452mg/EPA 52mgと高配合
●定期コースだと初回1,980円、2回目〜3,980円と安い
●クリルオイルとナットウキナーゼという健康によい成分も摂れる!

サントリー DHA&EPA+セサミンEX
高くてもいいからDHA+EPAがたっぷり取れるのが良い方はこれがおすすめ

●DHA300mg/EPA100mg/セサミン10mg
●11年連続DHA売上NO.1(※1) 圧倒的に支持されている
●ゴマから摂れる希少な健康成分「セサミン」が摂れるのがポイント

やずやの青魚の知恵
やっぱり安いのはうれしい!カルシウムまで補える無添加サプリ

●2,000円(定期コースだと1,800円)低価格が魅力
●DHA/EPAだけでなく不足しがちなカルシウムも補える
●余計な添加物は一切使用しない安心品質

イマーク
中性脂肪を減少させる作用(トクホ)

●DHA 260mg / EPA 600mgを含有
●特定保健用食品(中性脂肪を減少させる作用)
●初回限定で3,150円⇒1,050円とお得

小林製薬 DHA&EPA EX
オメガ3系脂肪酸合計670mg摂れる

●DHA125mg/EPA190mg/α-リノレン酸355mg
●製薬会社の商品なので品質管理が万全
●着色料・香料・防腐剤無添加なので安心

(注釈)

(※1) : 2004〜2014年売上金額(確定)

出典:H・Bフーズマーケティング便覧2006〜2016 No.2 機能志向食品編(DHA成分カテゴリー内シェア) (株)富士経済

私が選んだDHAサプリはこれ

とにかくDHA+EPAの含有量が多いのが良い!

DHAサプリメントを選ぶうえで大前提となることはDHAとEPAの含有量が十分足りているのかどうかです。

きなりのDHAサプリはDHA含有量が452mgと、2番目に多いサントリーのDHA300mgと比べても断トツに配合量が多いのが魅力です。魚不足を補ううえでは「きなり」が最も効率的です。

しかも、納豆の健康パワー成分「ナットウキナーゼ」吸収率を高める「クリルオイル」まで摂れて健康ケアできるので他と比べて魅力的です。

私が選んだDHAサプリメントはこちら
 

「きなり」を1位に選ぶ理由

NO.1に選ばれる理由
理由1. DHA含有量が452mgは他のどれよりも多い
理由2. DHA+EPAの合計量504mgも一番多い
理由3. クリルオイルやナットウキナーゼといった健康成分も摂れる

なぜDHAをサプリメントで補う必要があるのか

DHAをサプリメントで摂取する最大の目的はやはり普段の食生活だけではまかないきれないからです。

また、毎日魚を多く食べるのは一見良いように思えますが、今は海洋汚染などにより大量に魚を食べることは水銀などの重金属が蓄積された魚も多いですから危険も伴います。

そういったリスク面を鑑みても、サプリメントで補うというのは現実的な解答といえるのかもしれません。サプリメントとして売られているDHA/EPAはサントリーなど大手の会社のものは水銀などの不純物もフィルターで取り除かれているという安全面でのメリットもあります。

私も健康維持のため、毎日欠かさずDHAサプリを飲んでいます。

さらさら成分「DHA・EPA」の安全性

DHAサプリメントは安全性が高いことがよく知られています。何といっても普段私たちが食べている「お魚」から抽出した成分なので普段お魚を食べてアレルギー反応とかが出る方以外は大丈夫でしょう。

しかしながらDHAを安全だからと過剰に摂取するのはやはり良くありませんので各サプリメントに書かれている1日分の目安は守るようにしましょう。どんな良い成分でも過剰摂取では危険性を伴う場合がありますし、吐き気、下痢などが起こり得ます。特にEPAの過剰摂取(2000mg以上)にならないように気をつけましょう。

また、病気の治療をされている方は念のため医師に問題が無いかを確認したほうが安全です。

DHA/EPA含有量

どんな方法でDHAサプリメントを選べばよいのでしょうか。

主要各メーカーのDHA/EPA配合量を見てみると、だいたい300mg〜500mgというのが多いです。そのため、1日の目安量で400mg程度摂取できれば十分そうです。

よって選ぶ基準としてDHAとEPAの含有量というのが一つの指標となります。DHAとEPAの合計量で400mg以上あるものを選ぶと良いでしょう。当サイトでさくらの森「きなり」をおすすめとしているのは、DHA+EPAの量で500mgを補えるからです。その他のDHAサプリメントはDHAとEPAの合計量で200〜300mg程度のものが多いので魚不足を感じている方は「きなり」か「サントリー」のものが含有量的にオススメです。

また、DHAやEPAは酸化劣化しやすい成分ですので、この酸化を抑止するためにビタミンCやビタミンEなどの酸化を抑止する成分が一緒に含まれているものが品質面で安心です。といっても殆どのDHAサプリメントではビタミンEが入っていますので大丈夫でしょう。

DHAサプリの失敗しない選び方

更新履歴